津山市、鏡野町、久米郡を中心に、岡山県全域にてお墓や石材のお仕事をさせていただいております、長尾石材の長尾です。今回は、鏡野町の町墓地にてお墓じまいをさせていただきましたので、ご紹介いたします。

 

【施工前後のお写真】

 

他県にお住まいのお客様からのお墓じまいのご相談でした。遠方ということと、年齢的なこともあり、お参りが大変になってきたのでお墓じまいをお考えということで、お世話になっているお寺様を通じてお話いただきました。

 

こちらがお墓じまいをされるお墓です。とても立派なお墓でしたが、ご遺骨はお引越しされて、お墓本体は解体処分されることになりました。

 

右手の古いお墓もお墓じまいをします。このふたつのお墓が建っている場所すべてがお客様の墓地ということで、横幅7~8mはあるとても広い敷地でした。

それでは、お墓じまいの工事スタートです。

 

お墓本体の取り外しと解体・運び出しが終わりました。このとき、お客様に立ち会っていただいてご遺骨の取り出しも完了しました。新しいお骨壷にお入れしたご遺骨は、お客様がお持ち帰りになりました。

 

左側の大きなお墓の解体をしています。巻き石内の残土等を分別しながら取り除いていきます。奥に見える四角い囲われた部分は納骨する部分です。

 

幅3mほどの大きなお墓で、中の残土等も大量です。解体しながらどんどん取り除いていきます。

 

クレーン車に、古いお墓の棹石を積み込んでいます。棹石はこのあと安置先に運びます。

 

こちらは解体して出てきた処分する石材等です。巻き石などの石材や、コンクリート殻などをきちんと分別して積み込んでいます。

 

最後の仕上げの整地に使用する真砂土を入れています。今回は広い敷地でしたので、たくさんの真砂土を使いました。

 

真砂土を入れ、職人が敷地表面をならして仕上げます。次にこの場所を使う方のために、心をこめてきれいにします。

 

完成です!

ご遺骨はお引越しして、お墓の棹石は安置場所へ移設、そのほかのものは処分、墓地はきれいに整地をしてお墓じまい完了となります。

 

お客様は工事の始めに立ち会ってくださったので、作業の様子も少し見ていただくことができました。その後は安心してお任せくださり、工事完了後はすべての工程を収めたお写真を見ていただいてご確認いただきました。長いこと気がかりでいらっしゃったと思いますので、今回お墓じまいをされたことでホッとされたのではないでしょうか。

他県にお住まいのお客様からのご相談でしたので、お電話でのやり取りが主でした。今回のように直接お会いすることがあまりなく、メールやお電話でやり取りさせていただく際は、特に密にご連絡をさせていただいて、思い違いなどがないよう心がけています。今回もいつものようにそれを心がけ、安心してお任せいただくことができました^^
今後もお客様のお話を丁寧にうかがって、細かなこともひとつずつ確認してご対応しながら進めていくことで、安心してお任せいただけるよう努めていきたいと思います。