津山市、鏡野町、久米郡を中心に、岡山県全域にてお墓や石材のお仕事をさせていただいております、長尾石材の長尾です。今回は、岡山市内の地域墓地にて、岡山県産万成石で自然風のお墓を建てさせていただきましたので、その様子をご紹介いたします^^

 

【岡山市内地域墓地 岡山県産万成石 自然風のお墓】

 

今回のお客様は、今年の福力荒神社大祭の展示会でご縁をいただいた方です。詳しくお話しを伺うと、6,7年ほど前の同じ福力荒神社大祭での展示会に出品していた万成石の墓石を気に留めてくださっていたそうで、今回終活をお考えになっている中で訪れた展示会で、万成石との再会を果たしたということでした。長く気に留めてくださっていて、ありがたいことです。お客様にとって、地元の岡山県で採れる万成石は、石のこともその地域も昔からよく知っているということで、愛着があって思い入れをお持ちだったようです。

展示していたお墓を気に入っていただけた理由としては、まずは万成石であることと、「低重心」であることが大きかったようでした。自然風の万成石のお墓は縦型のものが多く、このお墓は横型の安定した形であることがお考えのイメージにぴったりのものでした。

 

工事が始まりました。岡山市内の地域墓地をすでにお求めになっていました。とても広い墓地です。まずはお墓を設置する部分の土を掘り下げて転圧して地固めし、同時に排水の確保も行っています。

 

地下の納骨室を設置しています。納骨室に水が入った場合にも、水がたまらないようにします。今回はご希望でお墓の外柵を作成しないため、水が入る可能性もあるので、しっかり排水ができるように整えました。

 

お墓を設置する部分に、基礎コンクリートを打つ準備をしています。コンクリートの背骨となる鉄筋を組んでいます。

 

コンクリートを流し込んで養生し、基礎が完成しました。先に設置した納骨室と一体型のきれいな一枚基礎です。

 

お墓の据え付けが始まりました。台座石を据え付けています。かなりの重量がある石材を、クレーンで吊って慎重に設置します。

 

台座石を設置して、手前に受け板を据えました。中央が納骨口になります。

 

納骨口から内部を見るとこのようになっています。お墓が完成するとなかなか見る機会のないところです。

 

こちらは、工事前に行った文字のお打ち合わせの様子です。工場にお越しいただいて、文字のバランスや大きさなど、最終的な確認をしていただきました。特に文字の大きさはとてもこだわっておられて、大きすぎず小さすぎず、ちょうどよいサイズ感をご希望でした。文字の確認と合わせて、納骨のご説明をしています。お骨壷のままご納骨する際は高さがどういう具合になるのかなど、実際のお墓を見ていただきながらのご説明です。

 

いよいよ、お墓の棹石の設置です。お客様のお立会いのもと設置しています。90才とご高齢でいらっしゃいましたが、お墓が完成するのを楽しみに、作業をずっと見守ってくださっていました。

 

一旦仮置きした棹石を、台座石にしっかりと耐震ボンドで留めます。

 

お墓の向かって右側に霊誌を設置しました。この裏側に建立者の方のお名前を彫刻いたしました。通常は棹石の裏側に彫ることが多いですが、今回は自然風の墓石のため難しかったので、こちらに彫刻しました。

 

完成です!

香炉やお花立て、拝石や物置石を設置しました。すべてが自然風の万成石です。

 

棹石です。彫刻はすべて素彫りです。しっかり文字が見えるよう、十分に深く彫っています。万成石特有のきれいな桜色に、あたたかさを感じます。

 

お花立てと香炉です。お花立ては前面に家紋をお入れしました。左右同じような形ですが、自然風なので幅等も少しずつ違っていましたので、家紋の位置にもずいぶん悩まれていました^^ 香炉も、その後ろにある水鉢も味わいのある形です。同じ形がひとつとしてない、自然石ならではのものですね。

 

建立者名を裏側に彫刻した霊誌は、お墓の右手にこのように設置されています。お墓の周りはすべて真砂土で仕上げています。「大地の上に眠りたい」というお客様のご希望から、本当に自然な形で設置することを考えてこのような仕上げにしました。

ほぼ自然のまま、ほとんど手を加えていない墓石ですので、表面も特有の桜色がきれいに出ています。専門用語で言えば「皮が出る」ように、石を選ぶ段階からこだわっています。

 

後方には塔婆立ても設置しました。段々に墓所があるところで、お墓の前は開けていて日当たりもよく、気持ちの良いところです。

 

お客様は完成をとても喜んでくださり、お墓と一緒にお写真も撮らせていただきました。今回は、お客様と万成石との出会いから始まったお墓作りでした。初めに出会われてからずいぶん長く気に留めてくださっていて、それがようやく完成し、思いもひとしおだと思います。このたびは、大切なお墓作りをお任せいただいてありがとうございました。お客様の思った通りのお墓に仕上がっておりましたら、私どももうれしく思います。

今回は、「できる限り自然な形で」というお客様の思いにお応えするため、万成石の自然石を選ぶ段階からこだわって、自然なままの姿を活かしたお墓になるようにお手伝いをさせていただきました。当店は、お客様のこだわりやご希望を、とにかくできる限り形にしたいと考えています。「こんなことができるのかな?」など分からないこともあるかと思いますが、率直にご希望をおっしゃっていただければご一緒に実現方法を考えて様々なご提案をいたしますので、どうぞ遠慮なくご相談ください!